家作りのテーマ・生活のテーマ

家作りのテーマ・生活のテーマ

住まいづくりを考える上で、住宅メーカー・工務店から提案される○○工法、△△の家、外断熱の家、2×4工法、輸入住宅、自然素材の家など、展示場や現場見学会、書籍やインターネットなどから、情報を得ることができます。

ここでは、ユーザーの皆様がどのような家づくりを選ばれましても、提供された情報から選ぶだけではなく、テーマごとにご自身で、一度考えをまとめたり、チェックすることで、また、私どもの具体的対応をすり合わせることで、より満足度の高い、失敗しない住まいつくりのお役に立てればと思っております。

【家つくりのテーマ:家を建造物として考えること】
p.gif
構造のたしかさ
p.gif地震、強風に強い
p.gif建築基準法で定める強さの20%~50%アップ
ie_photo_1_3.jpgie_photo_1_1.jpgie_photo_1_2.jpg
p.gif
防火性と火災時の安全
p.gif延焼に強い
p.gif火災が発生しにくい
p.gif有毒ガスが発生しない
p.gif火災発生が即座に知らされる
p.gif自動消化
p.gif
耐久性
p.gif70~80年以上住み続けられる
p.gif住宅としての資産価値を損なわない
ie_photo_2_3.jpgie_photo2_2.jpgie_photo_2_1.jpg
p.gif
室内の温熱環境
p.gif冬暖かく、夏すずしい快適な温湿度と風の流れの確保
p.gif断熱性能の向上
p.gif遮熱性能の向上
p.gif各室間の温度差が少ない
p.gif室内の上下の温度差が少ない
p.gif冷暖房での省エネルギー、CO2の排出が少ない
p.gif石油エネルギーの依存低減
p.gif
室内空気環境
p.gif安全で臭いのない、すがすがしい空気の確保
p.gif空気汚染物質(炭酸ガス、一酸化炭素、窒素酸化物、硫黄酸化物、オゾン、臭気、浮遊粉じん、タバコ煙、揮発性有機物質)の放散抑制、防止
p.gif揮発性有機化合物(ホルムアルデヒド、トルエン、クロルピリホスなど)が放散する新建材や塗料、接着剤、防蟻剤などの使用をさける
p.gifカビ、ダニの発生原因の除去
p.gif結露の防止
p.gif換気による汚染物質の低減をはかる(24時間計画換気が義務付けられております)
p.gif新建材(合板類、集成材、MDF,パーティクルボード)、ビニールクロスなどを極力使わないで、無垢木材、金属系、コンクリート系、しっくい、レンガ、ガラス、石材などを使用する
ie_photo_3_1-5.jpgie_photo_3_1-1.jpgie_photo_3_1-4.jpg
p.gif
音環境
p.gif外部からの騒音を遮断する
p.gif内部の上下階の音を遮断する
p.gif室内での反射音の低減
p.gif
高齢化・身体不自由化への配慮
p.gifバリアフリー(段差の解消、階段の安全性、手すりの設置、通路出入口の幅の確保、寝室、トイレ、浴室の広さの確保)
p.gif主寝室とトイレ、浴室、キッチン、ダイニングなどとの配置の配慮
p.gif屋外・屋内の段差の解消(車イスでのスムースな移動が出来ること、または、あとで簡易に出来るような対策
ie_zu_1_2.gif
ie_zu_1_1.gif
ie_zu_1_3.gif
p.gif
メンテナンス
永い間使用し続ける上で、家のメンテナンスがしやすい構造が大切。特にいたみやすい外部(屋根、外壁、サッシ、トイなど)や給排水管、ガス管は耐用年数の永い物で、なおかつ、修理交換しやすい工法にする
p.gif
 
【生活のテーマ:生活から見て考えること】
p.gif
 睡眠 安眠、深い眠りを得るためのインテリア。自然素材の仕上げ。
照明、あたたかさ、すずしさ、部屋の位置と広さ、防音など。
ie_kirinuki_3_2.jpg
ie_e_1-2.gif
ie_copy_2_1.jpg
ie_copy_2_2.jpg
ie_kirinuki_2_1.jpg
ie_kirinuki_2_2.jpg
ie_kirinuki_2_3.jpg
 食事 家族の会話、家庭の味、安全食材、食の歓び、知人や友人、親族との食事、ホームパーティーなどの楽しみ、人と人との交流を深めることができるスペースの確保
 炊事 清潔感があり、明るく使いやすい・短い動線で作業できる・家族の活力の源泉・家族皆で作る・地下などを使う広い冷温ストックスペース。
 整理・整頓・掃除 しやすさ、能率、スピード、分担、適切な収納棚の設置。
室内の物が適切に収納できる工夫で能率アップ
 洗濯 動線の最短化 洗濯機(脱衣室とキッチン、ランドリールーム)から物干し場、衣類の収納までを一室でまとめる
 育児 乳幼児に安全な室内と育児のしやすい水周り、家事室、子供の遊びコーナーの全館床暖房
 学習 子供も親も共に学習できるコーナー。
夫婦それぞれの専用コーナーもしくは、小室の設置。または、ライブラリーとしての家族の学習室設置
 接客・ティールーム 専用の接客室をもうけることは少なく、接客には家族のいる居間が使われることが大半です。
リビングやダイニング以外に、接客や団欒、ホビーや、ちょつとしたお茶のみができる多目的ルームの提案(ちなみに、コンサバトリーというのですが、二重のガラスと木組でつくる温室のようなルームを多目的ルームとして提案しております)
 プライバシー 夫婦の主寝室は、若いときは2階で10畳以上、そして3畳以上のクローゼット。他に学習コーナー、ライブラリーが確保できない場合は、隣接して学習室、学習コーナーとして設ける。高齢になれば1階に移せる室を用意すること。
子供さん用の室は最小の広さで各自に用意する。小さいときはワンルームでわいわいさわぎながら遊んで、寝ても良い。