2009.01 月の記事

薪ストーブクラブ 薪を無料で手に入れるために

2009.01.31

 ● 薪を無料で手に入れるために一緒に汗を流しませんか?

最近ロシアとウクライナで天然ガスパイプラインによるウクライナ経由のガス供給紛争が起こり、ガス供給ストップにロシアがふみきったことにより、ガスを輸入している10カ国の国民は、この厳冬期にあわててしまっておいた薪ストーブを取り出し、薪を集め厳しい寒さの対応を余儀なくされているとのこと。

 さて我が国、日本では、最近薪ストーブを住まいに設置する人が今まで以上に増えている感じます。脱石油・ガス・石炭またCO2排出削減とエコ・省エネ意識の高まりによるものかと思われます。しかし薪ストーブの燃料である薪を確保するのはそれなりに大変です。薪を買って使うとなればかなり高価な燃料費になります。(たまに月に1~2回燃やすのならば買うのもよwoodstove1.jpgいと思いますが)次に自分で薪を作るとなると、まず木の丸太(広葉樹系と針葉樹系)を確保し、運び、切り、割り、ストックして初めてすぐ使える状態になるわけです。パチパチ燃える薪の炎を見ながらお気に入りの手作りのイスに腰掛け香り高い紅茶(私はコーヒーはダメなので)をすする、至高の時をゆっくり流れるときの中で味わうためには以上の作業があって初めて実現するわけです。

 さて私たち(森林ボランティアグループ「木とふれあうネットワーク」)は、これまで身近にある平地林・里山の手入れ作業の中で多量の広葉樹を伐採整理しつつあります。その丸太を薪ストーブ愛好家に無料で提供することにしました。しかし丸太を提供するといいましてもそれを40センチ程にチェーンソーで切る、割るなどの作業は各々自分でするわけです。町内ではチェーンソーを使ったり、太い丸太を斧で割る作業スペース・音の問題をクリアしなければなりません。そこで「薪ストーブクラブ」では、材木店を経営する会員の協力を得て、薪作り・ストックスペースを会員の皆様に提供することができるようになりました。また、薪作り作業も一人一人でやるだけでなく、会員の皆さんが集まって(冬期のみ、月1~2回参加できる日で可)一緒に薪作りをする予定です。昼食に豚汁を現地で作り、作業を楽しみながら出来ればと思っています。予定ですが、薪割り機(油圧で動く)も用意したいと考えています。今後の「木とふれあうネットワーク」の活動予定は2月22日・3月29日です。自然環境の保全育成に関心を持っておられる方々の参加をお待ちしております。

基礎養生と大黒柱の加工等

2009.01.26

ahy26.JPGただ今基礎コンクリート打ちこみ後の養生期間です。日々強度を増しています。1/30の上棟日に向け、土台・柱・梁材の加工も進んでいます。大黒柱の太い丸太と、床柱のしぼり丸太の加工は手加工です。自家製の大黒柱!直径40㎝ほどの太い丸太を大黒柱に使います。その丸太材は自分の敷地に植えてあった。桧の立木を伐採して使うわけです。大きな立木付の土地を買ったことでできる醍醐味です。上棟日にはその雄姿をお目にかけることだ出来ます。

基礎工事

2009.01.24

ahk243.JPGahk242.JPGahk241.JPG

基礎工事の立ち上がりの生コン打ち込みが終了しました。前日の天気予報では雨は上がり晴れるとのことでしたが、小雨が降り続き寒い中での作業でした。温度、雨などの悪い気象条件でも生コン打ち込みにつき生コンクリートは早強ボルトラントセメントを使用、強度240kg/c㎡にし、打ち込み後前面にシート養生をほどこしました。床下の風の流れをふんだんにとれるように直径15㎝の通気孔を27個設置するためのパイプの取り付けです。床下が広ければ洗濯物を乾かすことができるほど通気が良くなります。

外壁工事

2009.01.24

外壁工事(窯業-ようぎょう-系3m×0.9mの大きな版で塗装も住みの材)も連日の雨で作業できませんでしたが再開です。しかし本日も小雨で、午後から少し強く降ってきたので中断しました。

建て主様プロフィールと住まいづくりのあらまし

2009.01.21

 今回の家づくりの概略をお話します。

 1.ご家族
 

 ご主人(28歳・自営業) 奥さん(28歳・専業主婦)長男(7歳・小1)次男(6歳・保育園児) 三男(0歳)の計5人

 2.現在の住まい アパート
 3.当社と知り合うきっかけ
 

当社社長の息子の友人で以前からの知り合い。息子がなるべく早くアパートから、自分の家を持つように話をした結果、当社に土地探しの相談があり、家づくりのスタートとなる。

 4.土地探し
   広さ100~150坪。分譲地内でなく、ほかの家から離れている静かな所を希望。小1の長男の学区内にしたい。
 5.予算 借入額と月々返済金
   月々の返済金額(現在のアパートの家賃など月々に住居にかかる費用を基に)を月々10万円以内(ボーナス時支払いなし)とする。年収・金利(全期間固定)返済期間(35年)などより、借入額は2520万円となる。自己資金はあまりない。
 6.資金計画
   ①土地購額 土地代 (手数料・登記料共)-500万
   ②建物建設費 本体工事費-1500万 付帯工事費(井戸工事・土盛り整地・外構工事・合併浄化槽など)-250万
   ③諸経費(消費税・建築許可申請代・確認申請代・登記料・家具購入費・融資経費など) -400万
 

合 計 2650万円

 

 まとめ 自己資金-130万円 借り入れ融資-2520万円

 

 合 計 2650万円

 7.希望する家
   建物規模 40坪ほど・2階建て・外壁レンガ積み・全館床暖房・1階に和室8帖・収納スペースを広く育児のしやすい家など

基礎工事

2009.01.14

根伐り作業、砕石敷きです。基礎はベタ基礎で鉄筋の配筋はピッチ200mmの予定です。

p1000773.JPGp1000776.JPG

伐採後

2009.01.12

立木の伐採後の整理と伐根作業です。

p1000756.JPGp1000757.JPG

薪ストーブ用の薪を無料で提供します

2009.01.10

森林ボランティアグループ「木とふれあうネットワーク」に入会(年会費2,000円)し、活動することで薪を無料で提供します。詳しくは「薪ストーブクラブ」「薪を無料で提供します」を見てください。

立ち木の伐採

2009.01.10

地盤改良工事終了後、建物に隣接する、北・東・西側の立木を伐ることにしました。これは建物が出来てからでは伐採が困難になるためです。なるべく立木は残したいのですが隣接する境界にフェンス塀を作るうえで、境界上にある立木がじゃまになります。