2010.02 月の記事

N様邸ベランダリフォーム工事

2010.02.26
 p1020755.JPG  p1020805.JPG  p1020806.JPG

築30年木造住宅のベランダ交換工事が始まりました。室内の床張り替え工事が終了した時、お客様から、現在ある木造モルタル塗りのベランダ柱元から雨が降ると水がしみ出てくるのですが、大丈夫でしょうかと相談をかけられましたので、見ると本来雨が降っても雨水が流れ出るはずの無い、ベランダの柱脚と独立基礎上から水が出てくる痕跡がありました。柱の仕上げ材であるモルタルを一部はがしてみると、写真の通り長年の雨水がしみ込んで、構造材の木柱頭と梁の一部が腐り、いつ崩壊してもおかしくない状態であることが分かりました。そのため現在のベランダを撤去して新たにアルミ製のベランダを設置することになりました。

フランスしっくい工事

2010.02.26
p1020807.JPG   p1020808.JPG

外部はレンガ積み工事が完了し、レンガ上のフランスシックイ塗り工事にかかりました。下塗りにモルタルを塗りました。2週間ほどの養生期間をとり、仕上げのフランスシックを塗ります。内部は木工事が完了し、建具が入り、クロス工事のパテ処理に入りました。現在製作家具の詳細をつめているところです。

レンガ工事終了しました

2010.02.15
renga03.JPG   renga02.JPG

長かったレンガ積み工事もいよいよ完了し、レンガ状のフランスシックイ塗り工事に入ります。フランスシックイ塗りは、左官職人さんが、金ゴテを使って塗りつけます。日本の漆喰より硬質で丈夫なものです。防水紙貼り、金網貼り、モルタルの下塗り、フランスシックイ塗りの工程を経て完了です。下塗りのモルタル塗りとフランスシックイ塗りの間は14日間ほどあけて養生します。この作業も時間がかかります。もう少しで外壁工事が終了し、建物の全容が見られます。内部の木工事もいよいよ大詰めの段階まで来ました。近くその様子をご紹介します。