2011.04 月の記事

「スピード仮棟くん」登場!!

2011.04.25

地震で倒壊した瓦屋根の棟(ぐし)復旧・リフォームの力強い助っ人

「スピード仮棟くん」

地元工務店だからできる地域住宅へのサポート!!

 この度の大震災で茨城県も多くの道路・鉄道、また下水道などの諸施設、各種建設物に
多大な被害が発生しています。特に住宅においては、県内でも膨大な数の被害が報告さ
れています。中でも瓦屋根の棟(グシ)の倒壊は断然多く、(当社のある牛久市でも多く
見かけます)その部分からの雨漏りの心配があり、その復旧が最も急がれています。
しかし、工事の依頼が集中してしまい、材料も、職人も不足しており、
いつ取り掛かれるのか見通しもつかないのが現状です。
雨対策にブルーシートをかけてある家を随所に見かけ、その数は相当になります。
このブルーシートは応急処置であり、強風で煽られてずれたり、飛ばされたり、長い時間
が経つと紫外線で劣化して破れたりもします。被害にあった人によっては、瓦以外の材料
で葺き替えをするケースも見られます。しかし、その材料も入ってきません。
この現状を何とか解決できないかと地元で長年工務店を経営している地場工務店ネット
ワーク「マイスターホームズ」のメンバーがアイデアを出し合い、この度

「スピード仮棟くん」

を開発しました。瓦による本格復旧工事(リフォーム)までの仮設の棟(グシ)という位置づけで「早く」「安く」設置でき、雨・強風にも耐えられるもです。仮棟くんはカワラの代わりに「鉄板」で作った棟(ぐし)を特殊な金具で留める簡易なものです。1棟あたり、費用も13万~25万円程(普通の瓦工事の1/2~1/3の価格)で数年(5~6年)は問題なく耐えられます。また、この際カワラの棟ではなく、地震に強い(カワラの10分の1以下の軽さ、揺れや曲げに強い)ガルバニウム鋼板製の本格的、恒久棟の再建工事もうけたまわっています。
地域によっては瓦工事は2年から3年待ちといわれています。
瓦の葺き替え工事を待つ間は「スピード仮棟くん」におまかせください!!

karigushikunb.jpg

karigushikuna.jpg

スピード仮棟くん施工前施工後比較

「スピード仮棟くん」施工エリア
茨城県中央 茨城県南 牛久市 竜ケ崎市 取手市 つくば市 守谷市 稲敷市 笠間市等
千葉県 我孫子市 柏市等茨城県近郊
その他の地域、詳しい内容は「マイスターホームズ牛久」
(有)リビング工房までお問い合わせください。
TEL 029-873-6424
FAX 029-873-6419
Eメール h.abe@ruby.plala.or.jp
お問い合わせお見積りページ
茨城県牛久市中央1-6-18

住宅エコポイントの申請状況が発表されました。

2011.04.21

3月15、日国土交通省より住宅エコポイント申請状況が発表されました。詳細は以下の通りです。

1.住宅エコポイントの申請状況
(1)平成23年3月の合計
新築 41,084戸
リフォーム 34,346戸
合計 75,430戸

(2)申請受付開始からの累計
新築 269,522戸
リフォーム 349,925戸
合計 619,447戸

2.住宅エコポイントの発行状況
(1)平成23年3月の合計
新築 34,157戸 (10,247,100,000ポイント)
リフォーム 33,910戸 (1,880,713,000ポイント)
合計 68,067戸 (12,127,813,000ポイント)

(2)申請受付開始からの累計
新築 245,312戸 (73,593,600,000ポイント)
リフォーム 328,461戸 (18,561,222,000ポイント)
合計 573,773戸 (92,154,822,000ポイント)

平成23年3月29日より、交換商品に「東日本大震災への義援金」が追加されました。

エアー断震起動の動画が公開されました。

2011.04.08

昨日(4月7日)の宮城県沖地震(M7.4 震度6+~1)発生時の
AIR断震装置の動作過程を撮影した動画が公開されています。
夜間のため浮上した状態の確認はできませんが、
参考までにご覧ください。(撮影地つくば市 震度4)  

余震が続いております。
皆様くれぐれもお気をつけてお過ごしください。